不妊治療

不妊治療

不妊鍼灸の頻度

不妊鍼灸をどれくらいの頻度で通うのが効果が出やすいか、はよくいただく質問です。10年間西宮で不妊鍼灸を専門に診てきた経験に基づき最も効果的な鍼灸の通院頻度とポイントについてわかりやすく解説いたします。
不妊治療

不妊治療、クリニックと鍼灸の併用

鍼灸では、体の底上げ主に考えています。体力的に不足したまま、西洋医学的な治療を始め長期に渡ると、薬の副作用が体にダメージを与えて、いずれ何度挑戦してもうまくいきにくい体になってしまいます。鍼灸は守り(体の土台作り)西洋医学は(攻め)といったところでしょうか。鍼灸治療の役割をよく理解しての併用をお勧めします。効果の上がり方、モチベーションの上がり方が変わりますよ!
不妊治療

不妊治療中の子宮筋腫の治療

筋腫の治療をするにはにエストロゲンを下げる、 不妊治療ではエストロゲンをあげる、という、相反するものです。 不妊治療中の高齢の患者さんの場合、手術も薬物療法もバランスが難しい。そういう時に東洋医学での治療法を考えてみてください。筋腫がそれ以上大きくならないように、またうまくいけば小さくなる方もいます。
不妊治療

西宮市特定不妊治療助成

不妊治療を始める方がまず気になるのはお金の話。不妊治療は高額なお金がかかりますが、西宮市では経済的な負担の軽減を図るため、医療保険が適用されない治療費の一部を助成しています。
不妊治療

男性目線の不妊治療映画  ヒキタさん!ご懐妊ですよ

45歳で結婚した男性が、年齢にあらがいつつも現実を受け止め妊活ミッションをこなしていく様子がコミカルに描かれています。男性目線から見た不妊治療の映画。
不妊治療

自分の体の上限いっぱいまで使いきり妊娠した患者さん

約7年前に体外授精を2年続けても子供が授からなかった方が7年後の今、38歳の今、3人のお子さん全員を自然妊娠されています。 まだ31歳時、体外で採卵した卵の質も良いものが取れず落胆した時期もあるというのに。このようなケースってどんな時に起こりやすいか、考えてみました。
不妊治療

妊娠陽性判定の報告

妊娠陽性判定のおしらせを、お盆休み明け、それも三人もいっぺんにをいただけました。 今回さくら治療院で妊娠された方をご紹介させていただきます。治療中の方はどうぞご参考に、そして少しでも励みになってくださると嬉しいです。
不妊治療

男性不妊症にも効く鍼灸・漢方

男性不妊も鍼灸を受けることで効果が上がりますか?また、男性も漢方薬が効きますか, そういった質問が患者さんからありました。不妊治療は男性側に原因がある場合も多く、過労や、老化、ストレス、不摂生などが大きく関与しています。その時鍼灸や漢方などは大変効果的に使うことができます
不妊治療

衝撃 精子トレーニングの重要性

DNAにはまるでスイッチのような仕組みがあり、運動や食事、生活習慣によりその切り替えが起こると言われています。それにより遺伝子の働きががらりと変化しさまざまな体質や能力、病気のなりやすさなどが変わり、私たちの運命や人生までも左右されるとされています。
不妊治療

若いうちに体外受精をすることのメリット

若い時期に思い切って体外受精をすることのメリットとは 1、若い時の質のいい卵を凍結して次に使える。 2、早く妊娠出産を終え、第二子、第三子のことを早めに考えることができる。
タイトルとURLをコピーしました