「汗を止める力がない」 東洋医学の考え方

健康・病気

汗をかきやすい。

特に頭から汗をかく。

上半身にたくさん汗をかいて足はつめたい

などの症状をいう方が比較的多くおられます。

全て、更年期で片付けられるものではありません。

確かにそういう原因も多いですが、男性にもそういう症状をいう方はいますから。

甲状腺機能亢進症などの内分泌異常、膠原病、低血糖、薬剤性によるもの、神経疾患

など明らかな原因があるものはそちらを治療しなければなりませんが、はっきり原因がない場合があります。

それらを東洋医学的に見た場合の見立てです。

東洋医学ではエネルギー不足の状態”気虚”の時に体表面をおおうバリアのような機能が低下してしまい汗を止める力が弱くなってしまうことがあります。少し動くだけで大汗をかいたり、疲れやすい、寝汗などの症状が出やすくなります。

ストレスによって交感神経が興奮すると、「気」が上にあがりやすくなるため汗が出ます。

気は水蒸気のように放っておくと上に上昇します、下へ循環させる力がないと頭に汗をかいているのに足は冷たいという、冷めかけた風呂の湯のような状態になります。

更年期もエストロゲン減少によるホルモンバランスの変調により冷えのぼせのように汗が止まらなくなります。血の巡りを改善しなければなりません。

水分代謝が良くない「水滞」体質の人は水の巡りを良くする

がこもりやすい湿熱体質は気と水のバランスをとる

ストレスによる汗は「気」の巡りを良くする

更年期の汗はホルモンバランスなので「血」の巡りを良くする

汗を止められない気虚体質は特に睡眠不足が大敵です。

暑く感じても体の芯は冷えているので冷やしすぎは禁物です。

それから 食べ物では 甘いものやお酒も湿を生みますのでご注意を。

汗の出やすさや、熱感、などは針を打つ際にツボを選定する時の重要なポイントになります。

ですからもし特に気になっている方は教えてくださいね。

#武庫川 #神戸 #汗をかきやすい #女性鍼灸師 #鍼灸治療 #鍼灸 #西宮 #西宮 #苦楽園口 #芦屋 #気虚 #更年期 #湿熱体質 #水滞 #エネルギー不足

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました