汗管腫の治療

治療のこと

美容鍼灸の治療では毎回いろいろなご相談をうけますが、

汗管腫のことをブログに書いてからお困りのかたが多く来られるようになりました。

患者さんを診ていて気が付いたことを書きます。

汗管腫とは、顔面、とくにまぶたに多発して発生する小型で扁平に隆起した発疹で、

汗を出す管である汗管が増殖してできたものです。

 

汗の99%は水ですが残りの1%は色々な成分(ナトリウム、塩素、カルシウム、カリウム、尿素、アンモニア)

が含まれています。

汗の原料は血漿(血液から赤血球、白血球、血小板を取り除いた液体部分のこと)ですが

健康な人の汗には不要な排泄物は含まれていません。

疲れが溜まったりストレスがたまったり自律神経のバランスが乱れている人の場合

血液中に毒素成分が多く含まれているとそれが汗として出てくる場合もあります。

よくいわるネバネバの汗のことです。

 

また、「汗泡」はあせもと同じように汗腺の出口に汗がたまる病気です。

脂やほこりなどではなく何らかの原因で壊れた角質そのものが汗の出口をふさぐ病気です。

体内の酵素が減ってしまったり、腸内環境がわるいと出やすいといわれている皮膚疾患です。

 

このような疾患の患者さまに共通していることは ストレスが多い方、その状態が長く慢性的になっているかた

に多くみられるように感じています。

ですので患部の針をすることはもちろんですが、

体調を整えること、食事を正すこと、ストレスをなくすこと、汗をかくこと(運動をすること)

がかかせません。

お顔に針を打つだけでは根本的な治療にはならないので必ず体の治療を同時にいたします。

その方が数が減ってきた、夏場になっても目立たなくなった、という方が多いです。

また、体調が優れないと皮膚の乾燥を伴います。

鍼治療を初めて肌の粉吹や、かゆみが治る方もおります。

何を治療していてもやはり最後は

基本的なところに戻ってくるようです。

ストレスを減らす、運動、食事 睡眠

・・・・耳タコですが

これをすっ飛ばして、何をしても絶対ダメなんですね

ですので汗管腫のかたも体調をしっかり下支えしてから美容鍼灸をするどこかしら少しづつ良い方向へ変化して来ています。

頑張る女性はいろいろ無理もするし我慢もするし時間もタイトですし、

そのしわ寄せは精神的なところを通して最後は肉体のどこかに及びます。

鍼灸治療で気長に汗管腫の根を断ちましょう。

治療に際して色々なご相談お受けしています。

#汗管腫 #腸内環境 #鍼灸 #針灸 #美容針灸 #西宮 #苦楽園口 #皮膚が盛り上がる

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました