枯れてもなお美しい

この切り花、なんか不思議なんです。

切り花なのに

グリーンは枯れるどころか黄色く紅葉して赤くなり、

枝の先から新しい緑の小さな葉が次々にでてきた。

さらに節の部分には新芽が育ってきました。

お花のカラーもやや色あせはしたものの作り物かと思うほど形が変わらない。

水につかっている茎の部分もまったくヌルヌルしたりしない。

1か月前に買ったお花なのに・・・

有機で育てた花というのは、ドライフラワーのようになって朽ちていくのだそうです。

かれて、汚くなって茎がヌルヌルになって、という

ふつうの枯れ方はしないそう。

また、害虫もつきにくいのだそう。

植物ですら、ケミカルなものを与えずに、のびのび太陽のもとで、健康な土の栄養で育ったものはこんなに強く

生命力あふれ、枯れてもなお美しい。

不妊治療の体づくりと思わず重ねあわせてしまいました。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました