不妊治療 いちばん大切な気持ちのお話

食べるものにすごく気を使っていても病気になってしまうひとがいます。
また、、好きなものいっぱい食べていても健康な人もいます。

食べ物人一倍気を使っていお母さんの子がアレルギーであったり・・・

これってどうしてでしょうね?

あれがダメ、これがダメ、有機野菜じゃなきゃだめ、添加物が体に悪い
いったいどこからどこまでだめで、なんならいいのか・・・!?

窓のない狭い、地下室で大嫌いな人と食べる五つ星のフルコースと

海辺のビューの良いテラスで大好きな人と食べるハンバーガーと

じゃあ、どちらが美味しく感じて食べ物が体の栄養となるでしょうか・・・・

長い間、たくさんの患者様を治療させていただいて思うことは、やはり、患者さんの心を優先する治療が大切だということ。
理屈がいくら正しくても、納得していない、つまり無理を強いる治療はうまくいきにくい、と感じます
治療に限らず、ですが、能動的に人に動いてもらうのは本当に難しいことです。
この道が正解かどうかわからない、なかで一緒に最善をつくすことしかありません。

20140412_205448

これ、最近読んだ本なのですが、

にんげんにあたえられた素晴らしいシステム。
「これが着色料、これが防腐剤、これが添加物だからからだにわるい、これも食べちゃいけない」とからだにいいきかせてたべていると食べるものがすべて体の敵にまわってしまうらしい。
「毒なのよね」といわれたものはことばどおりぜんぶ毒にまわってしまう。

それが事実であるかどうか理屈ではなくほんとうに自分が信じているように体がSWITCHするというおはなし

そのSWITCHする身体のすごいOS機能を逆手にとって幸せにいきる宇宙の法則を書いてある本です。

宗教チックかもしれない、非科学的かもしれない  

けど、うん、その法則なんかわかるよ

なんでかわかんないけど絶対そうだよね、

ということが書いてありました。

こころが折れそうになったら読んでみてください、といったようなウエットな感覚ではなく、

しっていたらすごい得する生きる方程式がいっぱいかいてあります。
よこしまなこころでお読みになってもぜんぜんOKなふところおっきめな本でした。(絶賛ですね、おはずかしい

20140411_161637

さあて、これはなんという植物でしょう。

答えは  

20140304_203207
なんで子宝草かというと
葉っぱから直接、葉っぱが子供のように生まれ(生えてくる)るんです。

エアープランツだから、空気中でも育つらしいけど、わたしは早く育てたかったからお水につけて育てました。

2週間ほどでほら、子供の葉っぱが生まれました。おおきくなってたくさん子供の葉っぱが育ったら皆さんにもお分けしますね。
早く大きくなあれ~、と毎日水を変えながらお祈りしています

いま、待合室にてスクスク生育中です
治療室にきたら是非みてください。変わった植物でおもしろいですよ~

12

コメント

タイトルとURLをコピーしました