口腔疾患にも漢方を

美容鍼灸

今まで口腔疾患の漢方の本というのををあまり見たことがなかったのでこの本、初めて見たときすごく興味を持ちました。

口腔疾患とは具体的に、口の中が乾燥する、唾液が出すぎる、口内炎、味覚異常、口臭、舌痛症、顎関節症、口腔癌などをいいます。

漢方薬が使えるということは鍼灸でも効果が出せるということなのではないかと考えました。

鍼灸院に来られる方でも肩こり・腰痛で来られてもこのような疾患を同時にお持ちで困っている方が最近多くなってきました。

ストレスが関与していたり、加齢、更年期、ミネラル、鉄分の不足であったり原因は様々ですが、原因がはっきりしないものもたくさんあります。

命に関係する痛みでなければ我慢したまま生活を余儀なくされている方もきっと多くいらっしゃるでしょう。高齢で西洋医学のお薬の制限がある方もいると思います。

近い未来、歯科治療、口腔疾患にも漢方、鍼灸をもっと使う日が来るかもしれません。調べるとそのような研究をされている歯科医の先生もすでにいました。私も興味深い分野なのでこれからこのような分野のことも知っていきたいと思います。

#口腔疾患  #口の中が乾燥  #口内炎 #味覚異常  #口臭  

#舌痛症 #顎関節症  #口腔癌 #唾液が出すぎる #鍼灸 

コメント

タイトルとURLをコピーしました