モザイク胚を移植すべきか

不妊治療

着床前診断(PGS・NGS) を受ける方が増えています。
PGSでは染色体異常、染色体正常を分けるだけでなくモザイク型という分類で染色体異常と染色体正常の割合を見ることができます。
モザイク胚とは一つの胚の中に正常な染色体と異常な染色体が同時に発生したものです。染色体異常の率が高い胚ほど妊娠率は低く、着床率は低く、流産率は高く 、妊娠継続率は低い という結果が出ています。
染色体異常が見つかっても妊娠できる胚の可能性は0ではありません。

また正常出産の中にも15%ほどモザイク胚が見つかっているのだそうです。

患者さんの中に採卵はできるのだけど着床前診断スクリーニングで引っかかりなかなか移植に進めない方がいます。

「モザイク胚移植するべきでしょうか?」と患者さんからご相談を受けた時。

PGSが正常である確率の高い胚から移植するための一つの評価基準であると考えるならば
モザイク胚であっても場合によっては移植を検討してみてもよいのではないかと思います。

また、患者さんの中には、前に進めないためPGSをせずに初期胚の移植をするように切り替えた方もいます。

1回1回の選択が非常に大変な選択だと感じる、最近の不妊治療の現状です。

 

#着床前診断 #PGS  #NGS  #染色体異常 #鍼灸 #鍼灸院 #不妊治療 #モザイク胚 #苦楽園口 #西宮市

 

 


ブログランキングに参加中です。クリックよろしくお願いします。


健康と医療(不妊)ランキング

にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療情報へ
にほんブログ村

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました